Menu

Box連携でセキュリティ強化、情報漏えい防止

セキュリティ

「SafeCloud for Box」でBox Editの作業ファイルを保護

  • Box Editを利用してファイルを編集する際に、PC上に生成される作業ファイルの情報を保護
  • 安心/安全なBoxの利用環境をトータルで実現
  • 作業ファイル保護領域でのマルウェアなどの不正プログラムの実行を防御

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「CipherCloud for Box」でセキュリティ強化

  • BoxのコンテンツおよびBoxにアップロードされた新しいコンテンツをスキャンし、企業のDLPポリシーを適用してセキュリティを強化
  • 違反が発生した場合は自動的にブロック/検疫/機密データの保護を実施
  • Boxの運用やユーザのための機能を妨げることなく統制を保全し、コンプライアンスを確保

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「Symantec DLP」で情報漏えい対策

  • ユーザがBoxに保存して共有する企業のファイルをすべて詳細に可視化
  • 強力なコンテンツを検出機能でBox内の機密データの内容/使用状況/共有者を簡単にスキャン
  • Cloud StorageではBoxのファイルにビジュアルタグが付与可能

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「Skyhigh for Box」でセキュリティ強化

  • 外部パートナーともセキュアなコラボレーションを実現
  • コンプライアンス順守およびDLP対策をBox上でも社内の他システムと共通して実施可能
  • ファイルアップロード/ダウンロード/プレビュー/編集/削除といったユーザアクションを可視化

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「Soliton SecureBrowser」で情報漏えい対策

  • 1アカウントに対して、「社内からは編集可/モバイルからは閲覧のみ」といったきめ細かい権限設定が可能
  • Boxのドキュメントプレビュー機能に加え、パスワード付きOfficeやZipの閲覧も可能
  • 不正端末からの利用を電子証明書によるデバイス認証でブロック

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「PASERI for PC」で情報漏えい対策

  • 秘密分散方式の情報の1片の格納先としてBoxを活用
  • 情報は盗まれることを前提としたセキュリティのお最後の砦として、モバイルPCを紛失しても情報漏えい事件への発展を防止

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「Cloud App Security」でマイナンバー対応

  • 内部からの情報漏えい対策として、DLP機能を搭載。日本向け個人情報漏えい対策テンプレートを含む200以上のカスタマイズ可能なテンプレートを提供。
    マイナンバーのセキュリティ対策としても有効
  • Boxとの連携を有効にする簡単な手順のみで利用を開始でき、既に運用中の環境にも導入可能

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

次世代のファイアウォール「APP-ID」でBoxをフル活用

  • Palo Alto Networks次世代ファイアーウォールで会社が許可しないファイル共有アプリケーションの使用を制限
  • Active Directoryと連携し、ユーザや部署単位で利用アプリケーションの制限が可能

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

Microsoft Cloud App Securityによる監視と制御

  • Box上のAPI(Activity API、File API)と連携したポリシー制御とユーザの行動監視が可能

最終更新日:2017年05月18日

「Box+アプリ連携」の強みが分かる。50以上の資料を、今すぐご覧いただけます

下記ボタンをクリック!内容をご確認の上、ぜひご活用ください

この記事を読まれた方におすすめのコンテンツはこちら。