Menu

認証連携でセキュアなアクセス管理を実現

認証

「lceWall SSO」で認証連携&セキュリティ強化

  • 認証連携
    →Boxを含む複数のクラウドサービスやイントラWebアプリケーションへのシングルサインオンを提供
  • 認証時のセキュリティ強化
    →ワンタイムパスワード、クライアント証明書認証、社内システムで認証した端末に限定、失敗ログインのアクセスログ記録など

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「HDE One」でセキュアにBoxへアクセス

  • Boxに対してIP制限や二要素認証機能などのアクセス制限機能を付加することで、不正なアクセスによる情報漏えいのリスクを防止
  • スマートデバイスやPCからセキュアにBoxへアクセス可能なブラウザを提供。
    文章ファイル、画像ファイル、キャッシュファイル、メール添付ファイルなどを端末に保存させないことで、デバイスの紛失やウィルス感染などによる情報漏えいを防止

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「ID Federation」でBox利用時の認証/セキュリティ強化

  • Boxアクセス時の認証について、IPアドレスや多要素認証を用いて、ユーザの利用環境に合わせた認証/セキュリティ強化が可能
  • その他の利用アプリのシングルサインオン基盤/IDアクセス管理基盤としても利用可能
  • NTTComVPNサービスを利用中のユーザについては、VPN経由でセキュアに認証
    ※VPNサービスは任意選択

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「TrustBind」でセキュアなアクセスコントロールを実現

  • クラウドサービスの入口の認証をTrustBind(M-Pin)に置き換えることで、ワンストップ&高セキュリティなアクセスコントロールを実現
  • 暗号化制御とアクセスログをユーザ企業側で管理することにより、社内セキュリティポリシーや内部監査要件への対応を可能にし、Boxを社内システムのように利用することが可能

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「Gluegent Gate」でBoxのSSO/IDマネージメントを実現

  • BoxへのSSOと社内のID源泉(Active Directoryなど)と連携したセキュアな環境をサポート
  • Boxのほか、Office365やSalesforceなどの他社提供SaaS/社内システムへのSSOおよびスマートデバイスへのアクセス制限を実現

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「OneLogin」でアカウント管理&シングルサインオン

  • ADやLDAPアカウントとBoxとのアカウント連携、ADアカウントでのBoxログインが実現
  • SAML2.0によるBoxアカウントへのシングルサインオンが可能
  • Boxアカウントの自動作成/削除/変更機能を備え、入社/退社/異動イベントに対応
  • Boxログインの際に多要素認証を強制し、セキュリティレベルを向上

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

Azure Active Directory PremiumによるID&アクセス管理

  • Boxを利用するユーザの利便性向上と管理者のユーザ管理運用負荷軽減を実現
  • 高度なアクセス管理とセキュリティ機能でより安全にBox上のデータを利用可能

Okta Always On 世界が選ぶ安心のIDaaS

  • ADからBoxへの高度なプロビジョニング、ID管理、そしてSAML連携によるシングルサインオン
  • Boxではじめてoktaの利用を始める場合は、上記の基本機能を無償提供
    (2つ目のアプリの追加や多要素認証などの追加機能から有償)
  • 社外の取引先担当者とBoxを共有するようなケース、社外ユーザID管理に従量課金制製品あり

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「SKUID」のシングルサインオンで利便性UP

  • シングルサインオンにて、Boxと簡単に連携する事が可能
  • ユーザが覚えるIDは1つだけになり、管理が簡単に
  • パスワードの使いまわしを防ぎ、セキュリティもUP

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

トークンレスOTPによる認証強化&シングルサインオン

  • Boxへの認証を、トークンを使用しないワンタイムパスワードで認証強化
    固定パスワードからの脱却を低コストで実現、多要素認証にも対応
  • クラウド、オンプレミスを問わず、さまざまなサービスへのシングルサインオンが可能に
  • ADやLDAPと連携したアカウント管理とアクセスコントロール機能

「Workspace ONE™」でBYODも一元管理

  • 「VMware Workspace ONE」でエンドユーザのデバイスやアプリケーション、サービスなどを一元管理
  • エンドユーザはWorkspace ONEからの一回の認証でパーソナライズされた企業用アプリケーションストアにアクセスし、すべてのアプリケーションを利用可能

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

最終更新日:2017年04月25日

「Box+アプリ連携」の強みが分かる。50以上の資料を、今すぐご覧いただけます

下記ボタンをクリック!内容をご確認の上、ぜひご活用ください

この記事を読まれた方におすすめのコンテンツはこちら。