Menu

クラウド上で業務生産性を向上、コラボレーションを促進

業務

エンタープライズコラボレーションを促進

  • BoxからOfficeファイルを簡単に直接閲覧/編集可能。
    Office製品で行ったすべての変更をリアルタイムかつ自動的にBoxに再保存
  • ファイルのアップロードやダウンロード、アプリケーション間の行き来が不要になるため、ワークフローが簡素化。ローカルで保存されたコンテンツにともなうセキュリティリスクも低減

「D3WorKer」でファイルの仕分け保管/配信がクラウド上で自由自在

  • 「D3WorKer」による大量データの仕分け保存が可能。
    Boxと連携することで、セキュアなクラウドストレージでの文書管理を実現。
    さらにDocumentizerを利用することで、帳票生成と同時にファイル保管も可能
  • Boxに保存したファイルを、様々な方法で配信可能。
    メール添付送信/FAX送信はもちろん、郵送や指定プリンタへの直接印刷が可能

デジタルノート「CamiApp S」で手書きノートを共有

  • 業務で発生する議事録などの手書きノートをセキュアに管理
  • データ化の手間や整理の手間を大幅に削減し、手書き情報の活用を促進して仕事の効率化をサポート
  • 法人向け「手書き入力ソリューション」により法人ごとにカスタマイズされた専用紙帳票の内容をBoxへアップロード可能

「Box for Salesforce」で営業資料を有効活用

  • 容量無制限のBoxにより、コンテンツの集中管理/バージョン管理を実現し、ユーザの生産性を向上
  • Salesforceの画面から直接Boxにアクセス可能
  • BoxからChatterへの投稿も可能(Box for Chatter)。Box内のファイル/フォルダメニューからSend to ChatterをクリックするとChatter連携の画面が立ち上がり、コメントと共に投稿が可能

「TeamSpirit」で労務管理のペーパーレス化を実現

  • 大量帳票の提出が義務付けられる監査に対応
  • ますます増大する容量圧迫の課題をBoxとの連携で解決

「Box for NetSuite」でセキュアでスケーラブルなコンテンツ共有サービスを実現

  • NetSuite上でBoxドラッグアンドドロップでファイルをアップロードしプレビュー/編集/共有リンクの生成が可能
  • 顧客/従業員/仕入先にかかわる帳票類や契約書ファイルはもちろんのこと、日々取引され仕分けされるトランザクションに関連した様々な種類のファイルを確実かつセキュアに保管

「Box+アプリ連携」の強みが分かる。50以上の資料を、今すぐご覧いただけます

下記ボタンをクリック!内容をご確認の上、ぜひご活用ください

この記事を読まれた方におすすめのコンテンツはこちら。

プライバシーポリシー