Menu

クラウドとオンプレミスのコンテンツ管理、業務処理を効率化

コンテンツ管理/OCR

「Content Navigator」でオンプレミス&クラウドにシームレスアクセス

  • 企業全体にわたるコンテンツを活用できるコラボレーション環境を提供
  • オンプレミスとクラウドを一緒に利用できるシームレスな環境を実現
  • オンプレミスとBoxプラットホームの横断的なフェデレーテッド検索を提供

「Case Manager」でBox上のアクションをワークフローと連携

  • ケースワーカーはケース環境を離れずに外部の関係者に情報をリクエスト可能
  • ケースワーカーはケースワークとして情報や成果を配信
  • Boxのフォルダを監視してコンテンツが追加されたときに自動でケースを作成

「StoredlQ」でオンプレミスからBoxへのデータ移行とeDiscovery対応

  • StoredlQ for Migrationsでは、SharePointサイトやファイル共有などオンプレミス環境からBoxに移行。
    オンプレミスデータはStoredlQを利用して分類し、Boxにアップロード可能
  • StoredlQ for Legalではすべてのオンプレミスデータ同様にBoxデータも統一環境でeDiscoveryに利用可能

「Datacap」でキャプチャしたコンテンツをBoxに格納

  • 複数のソースからキャプチャした文書をBoxに格納可能
  • Boxから文書や情報を取り込んで利用可能

「Datacap+Rosetta Stone」でキャノン製日本語OCRと連携

  • OCR処理のほか、バーコードによる分類、フィンガープリントやキーワード検索、テキスト分析で複数種類のフォームの自動分類を実現
  • キャノン製日本語OCRエンジン(RSC)により日本語手書きの認識が可能に
  • Boxの文書や情報を取り込み利用。様々なソースの情報をBoxに格納

「Dispatcher Phoenix」で文書保管業務を効率化

  • 契約書などの電子化に関わるタスクを自動化することで利用者の業務処理を効率化
  • 誰もが設計できる使いやすさを追求。シンプルなフローから複雑なフローまで視覚的な設計が可能
  • スキャンしたデータをOCR処理後、分類してBoxへ保管可能