Menu

クラウドとオンプレミスのコンテンツ管理、業務処理を効率化

コンテンツ管理/OCR

「Content Navigator」でオンプレミス&クラウドにシームレスアクセス

  • 企業全体にわたるコンテンツを活用できるコラボレーション環境を提供
  • オンプレミスとクラウドを一緒に利用できるシームレスな環境を実現
  • オンプレミスとBoxプラットホームの横断的なフェデレーテッド検索を提供

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「Case Manager」でBox上のアクションをワークフローと連携

  • ケースワーカーはケース環境を離れずに外部の関係者に情報をリクエスト可能
  • ケースワーカーはケースワークとして情報や成果を配信
  • Boxのフォルダを監視してコンテンツが追加されたときに自動でケースを作成

「StoredlQ」でオンプレミスからBoxへのデータ移行とeDiscovery対応

  • StoredlQ for Migrationsでは、SharePointサイトやファイル共有などオンプレミス環境からBoxに移行。
    オンプレミスデータはStoredlQを利用して分類し、Boxにアップロード可能
  • StoredlQ for Legalではすべてのオンプレミスデータ同様にBoxデータも統一環境でeDiscoveryに利用可能

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「Datacap」でキャプチャしたコンテンツをBoxに格納

  • 複数のソースからキャプチャした文書をBoxに格納可能
  • Boxから文書や情報を取り込んで利用可能

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「Datacap+Rosetta Stone」でキャノン製日本語OCRと連携

  • OCR処理のほか、バーコードによる分類、フィンガープリントやキーワード検索、テキスト分析で複数種類のフォームの自動分類を実現
  • キャノン製日本語OCRエンジン(RSC)により日本語手書きの認識が可能に
  • Boxの文書や情報を取り込み利用。様々なソースの情報をBoxに格納

「Dispatcher Phoenix」で文書保管業務を効率化

  • 契約書などの電子化に関わるタスクを自動化することで利用者の業務処理を効率化
  • 誰もが設計できる使いやすさを追求。シンプルなフローから複雑なフローまで視覚的な設計が可能
  • スキャンしたデータをOCR処理後、分類してBoxへ保管可能

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

Watson Analyticsで実現するデータ活用NEW

  • 格納されたデータから新たな知見を発見、業務に活用
  • 外出先でも、モバイルでデータの活用が可能

「ClickyMetadata」でコンテンツ管理、検索性を向上NEW

  • Box上に用意したメタフォームの属性項目に対してバッチでメタ情報を登録できる
  • フォルダ構成を定義することで、フォルダ作成およびコンテンツアップロードとメタ情報登録を同時に実行することが可能
  • 既存の写真へのメタ情報の更新も可能

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

「ClickyAutoload」で大容量ファイルも効率的にアップロードNEW

  • 1ファイル5GB(または15GB)制限も気にせずにファイルをアップロードできます。
  • ファイルをダウンロード後、復号化するとファイルが復元され閲覧が可能になります。
  • 大容量のファイルをboxに保管したり、セキュアなファイル授受を実現できます。

このソリューションについての詳細・問い合わせはこちら

最終更新日:2017年04月25日

「Box+アプリ連携」の強みが分かる。50以上の資料を、今すぐご覧いただけます

下記ボタンをクリック!内容をご確認の上、ぜひご活用ください

この記事を読まれた方におすすめのコンテンツはこちら。