グリー:Boxを全社導入することで慢性的なストレージ容量問題の制約から脱却

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「GREE」をはじめとするインターネット事業を展開するグリーは、様々なコンテンツやサービスを自社開発する中で慢性的なストレージの容量不足に悩まされてきた。そこで着目したのが「容量無制限」を特長とするBoxであり、ファイルサーバを代替する業務効率化を実現。さらにAPIを活用したカスタマイズによって、外部パートナーとの安全かつ利便性の高いコレボレーション環境も整えた。

導入背景

  • 他社との協業プロジェクト増加に伴うユーザー部門の外部ファイル共有ニーズ
  • 社内ファイル共有のメインツールとして利用するファイルサーバの慢性的な容量不足
  • ストレージの維持・追加によるコスト負担、運用管理・アクセス変更の複雑さ
  • 自社要件に合わせて必要な機能をAPIを使ってカスタム開発したい

導入効果

  • 外部パートナーとの安全かつ利便性の高いコラボレーション環境を実現
  • 「容量無制限」のBox導入によりボトルネックであったファイルサーバの容量制限から解放
  • APIを活用することでBoxのカスタマイズを行い運用業務を効率化
  • クラウドサービスの機能が改善されていくことで最新技術を"標準"として取り入れられる
関連ワード

グリー株式会社
http://corp.gree.net/jp/ja/
従業員数
グループ全体 1,466人
(2016年6月末現在)
用途
社内外コラボレーション
ファイルサーバ代替
業種
インターネットサービス
国内の「お客様導入事例」を多数掲載。50以上の資料を今すぐご覧いただけます

下記ボタンをクリック!内容をご確認の上、ぜひご活用ください

この記事を読まれた方におすすめのコンテンツはこちら。

プライバシーポリシー