クラウドにおける セキュアな情報管理

情報システム部門は複数のエンドポイントデバイスとアプリケーションにおけるセキュリティ確保に注力しています。クラウドが、分散コンピューティングと企業のセキュリティ課題の解決へと導く方法をご確認ください。

分散コンピューティングのセキュリティ課題に対応

ITは、メインフレーム時代以降、集中化されたモデルから分散モデルへと変遷してきました。これらの変遷は、モバイルやクラウド、サービス志向のプラットフォームの影響を受けて加速する傾向にあります。このことは情報システムやユーザーにとって多くのメリットをもたらしました。しかしその一方で、セキュリティ面や管理面において分散化アーキテクチャーに対応することが非常に困難であるという課題を浮き彫りにしてきました。その結果、多くの企業は、安全ではないデバイスやコミュニケーション、社内外へのコンテンツ拡散、人的エラーなどリスク増大などの課題に直面しています。

集中化、管理およびセキュリティを復元

しかし、セキュアな企業向けクラウドサービスによる新たな時代は、統合されたクラウド上にコンテンツを保存することでセキュリティに関する課題を解決する機会を得ることが可能になりました。

 

今日の諸課題

分散コンピューティングのセキュリティ

クラウドセキュリティではコンテンツの集中化が重要

 

クラウドによる集中化が重要な理由

多くの企業や組織が、ビジネス情報をクラウドにおくことにより、より多くのリスクを伴っています。しかし、現実的にクラウド技術(およびクラウドサービスの安全確実なプロバイダー) は、より安全でセキュアな選択であることを理解する必要があります。そして、クラウドサービスを利用して情報の集中化と管理を図ることにより、セキュリティを大幅に向上させリスクを軽減させることができます。
最初に、より小さく、良く管理された環境は、分散環境に比べて監視が容易であるだけでなくセキュアです。
また、集中化は多層防御の管理性に優れ、あらゆる事象のログを取り、複数のエンドポイントにまたがって安定したアクセス管理を実施することを容易にします。達成するのが困難な事象も、集中化により実現が可能になります。正確なレポーティングと管理の仕組みにより、社内外やデバイスを問わず、あらゆる事象、ユーザー、管理行動にわたって、完璧な透明性を達成することができます。

最終更新日:2016年03月30日

関連ワード
ビジネスの現場でBoxが選ばれる理由とは?最新資料を今すぐご覧いただけます

【導入事例】グリー、日揮、慶應大学など13のBox国内お客様事例
【ホワイトペーパー】なぜビジネスに効くのか?部門別Box活用法、ほか多数

この記事を読まれた方におすすめのコンテンツはこちら。