BoxWorks 2016ライブレポート [9/6:開幕前夜]

まだまだ夏の名残りが色濃い東京を離れ、空路約10時間。世界のIT産業の中心ともいえる、サンフランシスコに降り立ちました。絶好の天気に恵まれ、米国西海岸の明るい日差しがたっぷりと降り注ぐ現地は、カラッとして気持ちがいいです。

 

#1 サンフランシスコ名物ケーブルカー
鈴なりの観光客を乗せ、チンチン鐘を鳴らしながら坂を上って行きます。

今回はこれから3日間に渡り、こちらサンフランシスコのモスコーニ・ウェストより、 今年6回目を迎えるBoxのグローバルで最大のイベント【BoxWorks 2016】の模様をリポートしたいと思います!

【BoxWorks 2016】は、昨年より参加者もセッション数も大幅にスケールアップ。グーグル、アマゾン、ザ コカ・コーラカンパニー、Uberといった企業のIT部門幹部をはじめ、多数のゲスト登壇も予定されているそう。

 

#2 フィッシャーマンズ ワーフ
港街サンフランシスコの名物はダンジネスクラブ。ちなみにこのエリアはミニリュウとコイキングの巣でした(笑)

さて【BoxWorks 2016】の期間中、一番楽しみにしているのは、何といっても創業者アーロン・レヴィCEOのキーノートなのですが、、、今日はその前夜!サンフランシスコの風景や、明日のセッション開始に向けて準備が着々と進むイベント会場の様子をいち早くお伝えします。

 

#3 BoxWorks展示会場内でのウェルカムレセプション
日本のビジネスショーの雰囲気とはまるで異なり、会場内のDJブースから最新のクラブミュージックが流れる中、カジュアルに交流を楽しむ参加者が印象的でした。

メイン会場隣のインターコンチネンタルホテルでは、日本から来た多くのゲストのためだけにウェルカムパーティーも開催されました。会場には、なんとアーロン・レヴィCEOも登場!!!

 

#4「僕が初めてやったゲームも、初めて乗った車も、2台目も日本製だったんだ!空手もやってきたし、それにほら、今履いている靴もね!!(アーロンがオニツカタイガーファンなのは有名)」と話し、会場を大いに盛り上げました!

そして、いよいよ明日から【BoxWorks 2016】が開幕します!アーロン・レヴィはオープニングキーノートで何を語るのか?セッションの模様や会場の様子を現地からリポートしますので、明日もお楽しみに。

————————— BoxWorks取材班:服部

 

【関連記事】
・BoxWorks 2016ライブレポート [9/6:開幕前夜]
BoxWorks 2016ライブレポート [9/7:Day1前編]
BoxWorks 2016ライブレポート [9/7:Day1後編]
BoxWorks 2016ライブレポート [9/8:Day2]

最終更新日:2016年09月07日

関連ワード
世界約7万4千社以上に使われている「Box」50以上の資料を今すぐご覧いただけます

下記ボタンをクリック!内容をご確認の上、ぜひご活用ください

この記事を読まれた方におすすめのコンテンツはこちら。