いよいよ来週10/10、BoxWorks 2017開幕!!

今年もBoxWorks開催!【10/10 tue – 12 thu】

あれから1年。10月10日から12日までの3日間(日本時間で11日深夜から13日にかけて)サンフランシスコを舞台にBoxWorksが開催されます!アーロンレヴィCEO、共同創業者兼会長は何を語るのか?どんな発表があるのか?いよいよ本番が来週に迫ってきました。

昨年のBoxWorksでアーロンは、Boxの2005年から10年以上の歩みを振り返りつつ、全世界で多くのユーザーに支持されている状況とさらなる未来へのビジョンを次のように語りました。
「Uberのような新進IT企業からGE、GAPといった世界をリードする巨大企業まで、極めて多くの企業がビジネスにBoxを活用し、企業変革と働き方改革を実現しています。それは、時代と共に生まれる変化に、Boxが柔軟かつアグレッシブに対応し続けているからに他なりません」そして、現在起こっている変化としてあげたのが次の5つでした。

情熱的なキーノート!アーロン・レヴィBox, Inc. CEO、共同創業者兼会長

1. コラボレーティブ:業務は絶え間なく変化していく
2. 常につながっている
3. 組織間の障壁をなくし、フラットな組織での経営へ
4. 進むデータ中心の経営
5. 速く、変化についていくスピード経営が必要不可欠

「もちろんこの変化をサポートするのは容易でない。企業文化や組織、ビジネスを変革する必要がある。そしてITという観点からみると、大きな企業になればなるほど、多くの部署があり、多くの機能があり、それぞれが自分達のニーズに合わせてバラバラにアプリケーションを使い、それが複雑化に拍車をかけている。これらの要件に全て対応するためには、会社で1つのデータレポジトリーが必要なのだ。その役割を果たすのがBoxだ!」

(今まさに日本で声高に叫ばれている「働き方改革」「コラボレーション」などのキーワードが、1年前にごく当たり前のように語られていたんですね。そして、今年のBoxWorksのテーマはまさに「The Blueprint of Futer of Work」です!)

新発表が続々と、Newsに溢れていた!

世界中の企業課題を解決する、製品・サービスを続々と発表!

この5つの問題を解決するために、昨年発表された新機能が以下の3つでした。

・「新しいファイル管理機能」「進化したユーザーインターフェース」
・【Box Notes】に新機能搭載!次世代のコラボレーションを実現
・【Box Relay】が新登場!でワークフローをシンプルに

また、企業のビジネス変革と次世代アプリケーションの構築を支援する【Box Platform】の新機能として、HD動画、360度画像と動画、3Dモデル、VRファイルなどの新しいコンテンツ形式のサポートや、アノテーション(注釈)、電子すかしAPIなどが発表されました。

オープニングキーノートから始まり、多彩なブレイクアウトセッション、様々なクラウドカンパニーのソリューションが一堂に会するパビリオン。さらに会場を盛り上げるDJブースやグラミー賞アーティストBECK(ベック)のスペシャルライブ、ベストセラー作家マイケル・ルイス氏にアーロンが茶目っ気たっぷりの突っ込みを入れるクロージングキーノートまで、ホスピタリティと若々しいエネルギーに溢れた3日間でした。もちろん今年はパワーもスケールも大きくなっているはず!

そして…boxsquareからもNews!今年も最新情報をお届けします!!

そして、boxsquareからもお知らせがあります。今年もBox最大のイベントBoxWorksのライブリポートをお伝えします!昨年ご好評をいただいた、現地からの画像&リポートはもちろん、今年はfacebookページでもリアルタイム発信!現地の雰囲気をもっとLIVEに味わいたい!という方にもご満足頂けるコンテンツをお届けする予定です。

ぜひ、ブックマークや「いいね!」のアクションでスタンバイして、今から楽しみにお待ちください!

===========================

BoxWorks2016のライブリポート全文はこちらよりご覧ください
BoxWorks 2016ライブレポート [9/7:Day1前編]
BoxWorks 2016ライブレポート [9/7:Day1後編]
BoxWorks 2016ライブレポート [9/8:Day2]

Box JapanのFacebookページはコチラ

boxsquare編集部(服部)

最終更新日:2017年10月05日

関連ワード
世界約7万4千社以上に使われている「Box」50以上の資料を今すぐご覧いただけます

下記ボタンをクリック!内容をご確認の上、ぜひご活用ください

この記事を読まれた方におすすめのコンテンツはこちら。