Box World Tour Tokyo 2018開催決定!

あらゆる企業にデジタル変革の波が押し寄せている、今。加速度的に業務のデジタル化が進む中、ユーザーはより先進的なデジタルエクスペリエンスを求めています。あなたの会社のビジネスモデルはそれに対応できているでしょうか?
「社内外のチームとのコラボレーション」「コンテンツ管理の最適化」「テレワーク・モバイルワークの推進」「ペーパーレス」「AI活用」…と、デジタル変革と共に企業はさまざまな取り組みを進めなくてはなりません。また同時に、セキュリティ脅威対策やGDPRなどの規制対応、企業信用リスクなど、ガバナンス・リスク対策も求められています。

「デジタルファースト・カンパニー」へ変革するために。「今」あなたの仕事を変える、これから働き方を探すヒントが「ここにある」
それが【Box World Tour Tokyo 2018】です。

6月6日(金)!今年の舞台はザ・プリンスパークタワー東京

本年で5回目を迎えるBox World Tour Tokyo。年々スケールアップを続ける、このBox Japanのフラッグシップイベントは、6月6日(水)にザ・プリンスパークタワー東京にて過去最大級の規模で開催されます。

Box World Tour Tokyo 2018】には、毎回パワフルなプレゼンテーションを繰り広げるBox CEOアーロン・レヴィがオープニングキーノートに登場。今後Boxはどこへ向かうのか?Boxが実現する未来予想図とは?今年も見逃せないセッションです。また、Boxのサービス戦略を担う最高製品責任者のジートゥ・パテルが初来日。AIなど最新テクノロジーを取り込んで進化を続けるBoxの「今」と「これから」を語ります。

Box Japanからは、代表取締役社長 古市克典が登壇。まさに待ったなしの状況にあるデジタルトランスフォーメーション(DX)に、日本企業はどう立ち向かうべきか?Boxの活用による現実解をご紹介します。その他にも、リーディングカンパニーでデジタル化やビジネス変革を推進されているリーダーの皆様によるパネルディスカッション、各業界でのBox活用事例、Boxのエキスパートによる「明日から使える」活用術などの多彩なセッション、Boxとさまざまなアプリケーションを組み合わせた連携ソリューションが一堂に会するパビリオンなど、まさに見所が満載の1日です。

スプツニ子!氏はスペシャルセッションで何を語る?

スペシャルセッションには、スプツニ子!氏が登壇。2013年からマサチューセッツ工科大学(MIT) メディアラボ 助教授、2017年秋には東京大学RCAデザインラボ 特任准教授をに就任。2017年 世界経済フォーラム 「ヤンググローバルリーダーズ」に選出されるなど、グローバルを舞台に活躍する現代アーティストとして、テクノロジーによって変化していく人間の在り方や社会を反映させた映像作品を多数発表しているスプツニ子!氏が何を語るのか?大注目です。

さらに今回は、女性が能力を発揮し、働きやすい環境を実現することを目指して活動を展開しているBox公認コミュニティ「Box Women’s Network」が提供するセッションも開催。今欠かすことが出来ないダイバーシティの観点から、環境作りやこれからの仕事のあり方をテーマに、ゲスト講演者が登場します。まさに「これからの仕事のカタチ」を肌で感じ、発見することが出来るイベントになりそうです。

 

いよいよ事前登録をスタート!もちろん参加は無料です。イベント公式サイトでは続々と最新情報を公開中です。ぜひ【Box World Tour Tokyo 2018】の会場で、あなた自身の「働き方の未来」がどう変わっていくのか、体感してみませんか?

 

>>> 詳細・登録はこちら

最終更新日:2018年04月25日

関連ワード
世界8万社以上に使われている「Box」。最新資料を今すぐチェック!

【導入事例】グリー、日揮、慶應大学など13のBox国内お客様事例
【ホワイトペーパー】なぜビジネスに効くのか?部門別Box活用法、ほか多数

この記事を読まれた方におすすめのコンテンツはこちら。