イーライリリー[動画]:Boxでビジネスのデジタル化を促進

テクノロジの進化をビジネスの原動力に

革新的な医薬品を全世界の人々に提供することを通じて、人々の健康で活動的な生活に貢献するイーライリリー・アンド・カンパニーは、世界120ヵ国以上で事業を展開し、各国の自社研究施設や外部の優れた科学的研究機関との提携による最新の研究成果を用いて、各治療領域で最高レベルの豊富なポートフォリオの医薬品を開発しています。

ビジネスのデジタル化による差別化を図るためクラウド コンテンツ マネジメント「Box」を導入。セキュリティ強化と業務効率化を実現し、iPadによるモバイル活用も推進しています。なぜBoxを選んだのか?具体的なメリットとともにCIO自らが語ります。(2分23秒)

 

【こちらも必見!】国内外のBox導入事例

クラウド戦略でイノベーションを推進するアストラゼネカでは、Workday, Salesforce, ServiceNow, Office 365など様々なクラウドアプリケーションを導入。さらにBoxを使うことで、生産性向上やメールの削減、iPadを活用していつでもどこでも仕事ができる環境を構築している。(2分55秒 )

 

国内の大学病院として日本初のJCI認証を取得した埼玉医科大学国際医療センターでは、文書管理にとどまらないBoxの機能を活用し、患者向け情報共有ポータルという画期的なシステムの開発を進めている。これらの背景には「患者中心の医療」を徹底する同センターならではの姿勢がある。

最終更新日:2018年11月26日

国内の「お客様導入事例」を多数掲載!

グリー、日揮、慶應大学など13の事例、部門・業務別のBox活用法がわかる

この記事を読まれた方におすすめのコンテンツはこちら。