ピクス[動画]:東京国際プロジェクションマッピングアワードを支えるBox

きめ細やかなアクセス権限設定で応募作品を安全に管理

若手クリエイターによる日本最大級のプロジェクションマッピングのコンテスト「東京国際プロジェクションマッピングアワード」(運営:株式会社ピクス、株式会社イマジカデジタルスケープ)では、初回開催から応募プロセスにBoxを活用。
今回第3回を迎えるアワードの上映会は東京ビッグサイトで2018年11月17日(土)に開催。全国から予選を勝ち抜いた全16チームが制作した作品から、映像・クリエイティブ業界の第一線で活躍する審査員により最優秀賞・優秀賞が決定される。(1分52秒)

【東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3 】公式サイトはこちら

【こちらも必見!】国内外のBox導入事例

「トイ・ストーリー3」などピクサー作品でアートディレクターを務めてきた堤大介氏と、ロバート・コンドウ氏が共同監督で手がけ、2015年のアカデミー賞で短編アニメーション賞にノミネートされた「ダム・キーパー」。クリエイター間での感性のコラボレーションから生まれたこの作品には、Boxが大きく貢献しています。珠玉の本作品が作られる中でBoxがどう活用されたのか。その舞台裏に迫ります。貴重な制作過程のシーンも多数収録(3分22秒)

 

15周年を迎えた人気アニメ「プリキュア」。制作を手掛ける東映アニメーションは、クラウド活用を積極推進中だ。初代プロデューサーの鷲尾 天 執行役員に、アニメの誕生秘話と、その裏側にあったクラウドツール「Box」の活用法を聞いた。

最終更新日:2018年11月09日

国内の「お客様導入事例」を多数掲載!

グリー、日揮、慶應大学など13の事例、部門・業務別のBox活用法がわかる

この記事を読まれた方におすすめのコンテンツはこちら。